So-net無料ブログ作成

F1 2015 シンガポールGPサーキット情報|マクラーレン・ホンダ [F1マクラーレンホンダ]

2015年 マクラーレン・ホンダ MP4-30第13戦の舞台はシンガポールGPです。

9月18日開幕です。

ホンダの新井氏の更迭の噂があり、イタリアGPレース後の会見では、新井氏に対しての記者の質問がえげつなかったようです。
MGU-Kの問題では、ホンダが責めを追わなければならないだろうが、コーナーリングスピードはサスペンションに問題を抱えていると思われる。
ホンダの抱える問題は、所謂、ハイブリッド部分のところです。
市販車に対しても、有用な技術ですので、改善するのは然程時間は掛からないでしょう。
ホンダ本体が本腰を入れればの話ですが。
MGU-Kが有効に働いている間は、それなりの速さを得ていると思いますので、新井氏の発言(ルノーより上、フェラーリに並んだ)は、当たらずとも遠からずといったところではないでしょうか。

また、マクラーレン側にも、問題があって、ホンダに対しての情報開示があまりオープンでなかったり、ホンダから改善案に否定的だったりすることが多いようです。

出来るだけ早い時期に、ホンダの1メイクでの参戦をすることが望まれます。
ホンダも、それを目指しているでしょうから、マクラーレンとしても、次の敵となる存在に、情報開示を拒むのもうなずけます。

とは言え、来シーズンもマクラーレンとタッグを組むのでしょうから、今、溝を作るのは双方にとって得策ではない。
ここは、ホンダの辛抱のしどころですかね。

1440239271.jpg


シンガポールGPですが、予てからマクラーレン・ホンダがコメントしているように、長いストレートがない市街地コースで、マシンの扱いやすさと、瞬発力がものをいう、現状のマクラーレン・ホンダに向いたコースです。

ドライバーの経験値も効いてきます。
アロンソ、バトン共に高い実績を持つ、ベテランドライバーです。
イタリアGPのように、そう簡単に抜かれることはないでしょう。
予選での順位も、大切な要素ですので、これまで以上に、開幕直後からの出来が重要です。

レースになれば、他車の巻き添えを食わないようにすることですね。
「1年間で最もタフなレース」とも言われるGPですので、無理は禁物ですね。




スポンサーリンク



シンガポールGP 日程
9月18日(金)フリー走行1st
現地時間18:00-:19:30
日本時間19:00-20:30
9月18日(金)フリー走行2nd
現地時間21:30-23:00
日本時間22:30-24:00
9月19日(土)フリー走行3rd
現地時間18:00-19:00
日本時間19:00-20:00
9月19日(土)予 選
現地時間21:00-
日本時間22:00-
9月20日(日)決 勝
現地時間20:00-
日本時間21:00-


ホンダF1 栄光と苦難の歴史 通算(各年リンク)

=テレビ放送予定
CS放送/フジテレビNEXT 放送時間
9月18日(金) フリー走行1st Live
18:55-20:40
9月18日(金) フリー走行2nd Live
22:55-24:10
9月19日(土) フリー走行3rd Live
18:55-20:10
9月19日(土) 予 選 Live
21:50-24:00
9月20日(日) 直前生中継 Live
20:30-20:50
9月20日(日) 決 勝 Live
20:50-23:50





スポンサーリンク


BSフジ 放送時間
9月19日(土) 予 選 Replay
24:00-25:00
9月20日(日) 決 勝 Replay
23:30-25:10

Liveでの中継して欲しいですよね。
時間的にも、ちょうどいい時間なんだけどね。

楽天リンク(おすすめ商品)


=イタリアGP
シンガポール市街地サーキット
サーキットタイプ Street
コース全長 5.073km
コーナー数 23
周回方向 反時計回り
観客収容人数 110,000
設立年 2008
サーキットデザイナー ----------
レース周回数 61Lap
レコードラップ 1:45.599
キミ・ライコネン フェラーリ(2008)


Year Winner Machine
2014Lewis HamiltonMercedes
2013Sebastian VettelRedbull Renault
2012Sebastian VettelRedbull Renault
2011Sebastian VettelRedbull Renault
2010Fernando AlonsoFerrari





スポンサーリンク



サーキット情報
1960年代後半と1970年代前半に非選手権を開催したことはあるものの、1974年以降、シンガポールでレースが行われることはなかった。
F1グランプリ開催のニュースは2007年末に公表されたが、ファンのリアクションは悲喜こもごも。
しかし、FIAがヨーロッパのファンが容易にテレビ観戦できるようにと、F1史上初のナイトレース開催を発表すると、ファンの興奮は高まる一方だった。
観客にナイトレースの壮観を与えつつ、マリーナベイに位置する市街地を用いた非常設サーキットには、日中と同様の明るさをもたらすため、革新的な照明技術が投入されている。
初開催となった2008年はルノーのフェルナンド・アロンソが優勝。しかしながら、それから約1年後、ルノーを解雇されたネルソン・ピケJr.が、2008年シンガポールGPでチームメイトの勝利を助けるため意図的にクラッシュしたことを暴露した。
アロンソの初代優勝者としての名誉は、いわゆる"クラッシュゲート"騒動によって損なわれてしまう。
2009年のレースに先だって、オーバーテイク増加を目指して最初の3コーナーが修正され、前年に事故の多かったターン10には高さのある縁石が設けられた。
2011年にはフリー走行中に縁石が損傷するトラブルが発生。
一部のコーナーでは縁石を撤去し、赤白のペイントが施されている。
また、2013年にはドライバーから不評を買っていたターン10が、3パートから成る3つのシケインから高速の左コーナーに改修された。





google Map



本田宗一郎 名言集
ホンダF1 栄光と苦難の歴史
通算(各年リンク)


楽天リンク(Travel)














A8 net


よろしければ関連記事もご覧下さい。
◇ホンダF1 栄光と苦難の歴史(各年リンク)
◇マクラーレン F1GP全戦歴
◇2015 レギュレーション
◇2015マクラーレン・ホンダMP4-30 スペック公開
◇2015 マクラーレン・ホンダMP4-30 参戦日程




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
スポンサーリンク

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。