So-net無料ブログ作成

F1 2015 イタリアGP決勝結果|マクラーレン・ホンダ [F1マクラーレンホンダ]

2015年 マクラーレン・ホンダ MP4-30第12戦の舞台イタリアGPが幕を閉じました。

ハミルトンが2位に約25秒もの差をつけた圧勝でした。

マクラーレン・ホンダ勢の結果は、
バトン:14位、アロンソ:リタイヤとなりました。

スポンサーリンク


スタート直後は、バトンが9位にジャンプアップしましたが、その後は悲しい場面を見続けなければなりませんでした。
周回ごとに、順位を落とし結果14位となりました。

ホンダの新井氏のコメントからすると、パワー不足の要因は、エンジンそのものではなく、MGU-Kに問題を抱えている感じだ。
アロンソのオンボードを見ていて感じたのだが、メルセデスに比べ上下振動が多いように見えた。
メルセデスは、サスペンションコントロールが非常に良いのではないだろうか。
市販車にも、マジックコントロールとかいった名前の、サスペンションコントロールが最上級クラスに搭載されている。

今のF1は、センシングによる電子制御の優劣が、大きくマシンの速さに関わっている。
マクラーレンは、その部分が弱いのだろう。

トータル的な、バージョンアップは今シーズンは期待できないので、来シーズンのパッケージを待とう。

20150907-mclarenhonda.jpg



ホンダF1 栄光と苦難の歴史 通算(各年リンク)


スポンサーリンク


次節は、シンガポールGPです。
予てから、シンガポールGPなら戦えると、言っていたので期待しよう。

アロンソは、コーナーでの速さについても、ダメ出ししていたので、シンガポールGPでも厳しいかも知れませんね。

そして、シンガポールGPの翌週が、待ちに待った鈴鹿GPです。
鈴鹿スペシャルを期待してしまうのは、私だけだろうか?


A8 net


よろしければ関連記事もご覧下さい。
◇ホンダF1 栄光と苦難の歴史(各年リンク)
◇マクラーレン F1GP全戦歴
◇2015 レギュレーション
◇2015マクラーレン・ホンダMP4-30 スペック公開
◇2015 マクラーレン・ホンダMP4-30 参戦日程




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
スポンサーリンク

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。